Duangjan

本場のタイ料理が楽しめます。

海を眺めながら本場のタイ料理でリゾート気分♪

11月になり・・・いきなりの3連休。
娘たちが海で遊びたいって言うので、ついでにこちらに家族でお邪魔してきました。
糸島の海を見ながら本場のタイ料理を食べさせてくれるお店「ドゥワンチャン」さん。
オープンを知ってからずーっと訪れたいと思っていたお店です。
JR筑前深江駅から唐津街道202号線を西へ。深江海水浴場入口の少し先になります。
すごく趣のある古民家の建物です。

店内へは靴を脱いで。
カウンター席やソファ席、テーブル席などあって、どこに座っても落ち着ける雰囲気。
この日はそんなにお天気良くなかったんですが、娘たちはどうせ海へ降りるだろうからとテラス席に座らせていただきました。
長閑な秋の海もなかなかのロケーションです。

メニューを開くと・・・おぉトムヤムクンをはじめ様々なタイ料理が並んでいます。
やっぱりお初なのでトムヤムクンは食べておきたいと思いつつ・・・。
カレーもいろいろあって惹かれるなぁ・・・と。
すると「休日限定セット」(1,000円)なるものを発見。
ハーフカレーとライスのセットにタイ式サラダが付いてきます。
これに+400円でハーフトムヤムクンが付けられて、さらに+480円でデザート&コーヒーまでセットに(ちなみにコーヒーのみは+200円)。
せっかくなのでフルセットを注文。

最初に運ばれてきたのは「ハーフトムヤムクン」。
だいたいトムヤムクンって激辛勝負・・・みたいなメニューですが、本場のお店って案外そうでもないんですよね。
こちらのトムヤムクンも辛さはそんなでもなく、普通に美味しくいただきました。
酸味と辛味のバランスがトムヤムクンの魅力ですねぇ。
美味しいッ!

メインの「ハーフカレー」はココナッツミルクの風味が良いですねぇ。
とてもクリーミィーな味わいのカレーです。
最初、お口に入れた瞬間は甘い香りがひろがりジワジワッと辛味がくる感じ。
スープとしてもかなり美味しくいただけます。
ついてきたタイ式サラダ。これがクセモノでした!(笑)
辛さをマイルド化するためのサラダかと思いきや・・・。これが一番辛かった!いや辛く感じたというべきですか。
目玉焼きとオレンジ?柑橘系のドレッシングでとても爽やかなんですが、しっかり辛い。
さすがタイ料理。辛さを癖にさせます。美味しくいただきました。
最後のデザートは「タピオカココナッツミルク」。タピオカは真っ黒じゃなく、少し透明がかってて小粒。なかなか美味しい。
コーヒーまでしっかり。うーん。良いセット料理でございました。

他にもいろいろ頼んで、みんなでシェアして食べました。
「ガイヤーン」(880円)。
鶏肉のグリル。といってもかなり個性的。タレに漬け込まれて焼かれたモノで、皮がパリパリに仕上がっていて、かなりな絶品具合です。
そのままでも充分美味しいんですが、添えられたちょっと甘めでピリ辛のタレをつけると美味さ増し増し。

「センレックナームガイ」(780円)。
タイのラーメンだそうです。
とてもキレイなお米の麺。かなり異国情緒なお味が楽しめます。
4つの薬味が一緒に運ばれてきますが・・・これはそれぞれ楽しめて良かったんです。
・唐辛子・・・まぁ辛味が増しますわね。当たり前ですが。
・ナンプラー・・・魚醤ですよね。これはガラッと味が変わって締まったお味。
・ビネガー・・・なんとなく薬膳っぽくなります。体に良い感じ。
・砂糖・・・コレなかなか。なんだか田舎風の煮物っぽくなって懐かしいお味な感じ。
娘たちも自分で味をアレンジしながら美味しい~って食べてました。

「カオパッムー」(780円)。
タイ式ポークのチャーハンだそうです。
これは超マイルドなチャーハン。辛いの食べた後だととても癒やされるお味。
娘たちにも好評でした。

娘たちはそそくさと食べ終わると浜辺におり立ち、砂遊びに勤しむ。
その姿を観察しながら、ボクらはゆったり食事をいただくことができました。
ゴチソウサマ。
他にも美味しそうなお料理がいっぱい。
またまた通いたいお店が増えちゃいました♪


バルコニー席からの眺め。深江海水浴場のすぐソバにあって、海が目の前!
Duangjan (ドゥワンチャン)
092-325-3986
糸島市二丈深江2129-18
Lunch 11:00~14:30 / Tea 14:30~17:00
Dinner 17:~21:00
定休 水曜日

[ Duangjan ]洋食, 2013/11/03 07:01