志摩の海鮮丼屋

糸島産しかない♪


糸島市志摩津和崎の「志摩の海鮮丼屋」さんは志摩の四季の中に。志摩イオンと同じ敷地にある産直「志摩の四季」。
最近はちょっとご無沙汰気味なんですが・・・来ると寄りたくなるのがお店の奥の方にある「志摩の海鮮丼屋」さん。
オール糸島産の海鮮丼「究極の糸島海鮮丼」が食べられるのです。
が、営業時間は11時から14時。
いつもお昼過ぎに来ることが多いので、いつも売り切れで・・・食べることが出来なかった。
この日は珍しくオープンしたばかりの11時過ぎに近くを通ったんで、久しぶりに寄ってみました。

駐車場の満車具合で、ありゃ~もう混んでるのかなーと足早に店内へ。
ぉお、お客さんイッパイだァ。
ギリギリで待ち時間なく入れた感じ。ほんとにギリギリセーフ。

カウンターにて注文。「究極の糸島海鮮丼」は(小)650円、(中)850円、(大)980円。
もちろん(大)を注文。
セルフでお茶とお漬物をいただき、案内された席に戻ると、スグに運ばれてきました。
「究極の糸島海鮮丼(大)」(980円)。糸島スペシャルなんです。

おぉ~久しぶりの糸島海鮮丼! めっちゃ美味しそう。
この日はヤズとブリ、ヒラマサにスズキ、アオリイカという内容。
めちゃキレイです。
イタダキマス!!!

小皿でワサビを醤油に溶いて、ドバーッとかけて・・・まずはヤズあたりから。
おぅ~めちゃめちゃ美味いです!
ヤズとブリ、ヒラマサを食べ比べできるって機会はなかなか無いですよねぇ。
あまり見分けつかないけど(笑)・・・たぶんヒラマサが一番美味しかった。
大葉に隠されてたイカちゃんもイイお味。しっかし、ホント!コチラのワサビはめっちゃ効きます!んで、香りもスペシャルな感じ。たっぷり乗せてもらってるけど・・・ボクは半分くらいで十分かな。

このあら汁もメインの楽しみ。ふのりを浮かべてみました。卓上においてある【美味しい食べ方】にあった通り、丼にのせられていた赤い海藻「ふのり」は「あら汁」に浮かべてみました。
んぅ~やっぱりアラ汁は美味いですねぇ。カラダに染みる滋養の癒し。

振り返ると・・・入口にはみるみる長くなってる行列・・・勢いよくガツガツ描き込んで、お店の回転率を上げるのに少しでも協力しときましょ。(笑)
ゴチソウサマです。
産直の中にあるんで、気軽に来られるし、美味しいし、コスパは最強だし。
糸島の魅力しかない海鮮丼。素晴らしいです!
隣りに座った老夫婦さんが「テレビを見てきた」的なお話してたんで・・・そうか・・・そうなのか。この混雑ぶり。
んでも、毎日でも来たくなりますわね。
夜のおかず用にヤズのお刺身を買って帰りました♪

糸島市志摩津和崎の「志摩の海鮮丼屋」さんは志摩の四季の中に。
志摩の海鮮丼屋
092-327-4033
糸島市志摩津和崎33-1 志摩の四季内
11:00~14:00 なくなり次第終了
定休 水曜日

[ 志摩の海鮮丼屋 ]和食2018/05/30 07:41