一九ラーメン いち里

「ちゃん玉(チャンダマ)」。どうでしょう?


朝から雨が降り続く糸島・・・溜まっていくばかりのお仕事・・・。
モヤモヤ感がたまんない。
更に・・・外仕事でビショ濡れ・・・寒いィ。

こんな日は温かいラーメン・・・あ、いや、今日の気分はチャンポンだな。
福岡からの帰り道。時刻は午後2時前。周船寺駅近く。
「ちゃんぽん」(760円)。糸島野菜たっぷりだそうです。
タイミング良く“ちゃんぽん”の文字がゆれるノボリを発見。
「一九ラーメン いち里」さん。
数年前は美人なお姉さんがいらっしゃったんでちょくちょく通ってたんですが・・・(笑)
んでも、ボクにとっては懐かしい“一九”ブランド。
そのお味を求めて半年に一度くらいですがお邪魔させてもらってます。

そいえば、こちらのチャンポンは食べたことなかった。
お店入口のポスターでも推されている。“おいしい!たっぷり!糸島野菜”と。
おぉ、なんとなくチャンポンに呼ばれているようだ。(笑)

ランチタイムも終わり頃にしては、賑わってらっしゃる店内。
厨房内には女性2名、男性1名。愛想良く「いらっしゃいませー」と全員で朗らかなお出迎え。
「チャンポンください!」とボクも元気よく注文。
しばらく待ってると・・・運ばれてきました。
「ちゃんぽん」(760円)。ソースが添えられてきました。
おゥ! なんともレトロな丼にこんもりと盛られたお野菜。
見た目は家庭的なチャンポン風。
ソースが一緒に添えられてきました。カスタマイズOKのサインでしょうか。

イタダキマス!
まずはスープを一口・・・。おぉ・・・甘い。この甘さはお野菜のもあるんでしょうけど、それ以上にお肉?豚?の甘味?? 見ると大きなお肉も結構入っていますね。
マイルド豚骨はあっさりしてますが、美味しいです。

具の炒め具合も軽めでマイルド。お野菜のシャキシャキ感を楽しむ系です。
新鮮なお野菜なんでありましょうなぁ。
コレといった個性はないんですけど・・・美味しい。

麺は太めのちゃんぽん麺。食べ応えサスガにありますね。
スープ、具材とのマッチングも良くて、スルスル食べられます。
うん。ちゃんぽんは具材と麺を食べて行くと・・・スープがどんどんウマく感じていくのが最大の魅力。このチャンポンも・・・。

残ったキレイなスープ。勢いよく飲み干しそうになります・・・んー残すのはもったいない。なので・・・「チャンポンにラーメンの麺で替玉できますか?」と尋ねてみる。
「はい。されるかた・・・時々、いらっしゃいますねェ」と微笑みながら応えてくれました。
「替玉」(120円)。チャンポンのスープに投入するとまた違った味わいが・・・。
麺の硬さは“普通”で。コチラのお店は替え玉の時、「タレは入れますか?」と聞かれるので、「いりません」と断り、お味はソースで調えることに。
ドンと投入。おぉ、お野菜のエキスがたっぷり染みたスープが絡む細い麺。
めちゃウマ!
ちゃんぽん麺との違いも楽しめて・・・やっぱりウマイな。
コレ。“ちゃんラー”とか言ってましたけど・・・“ちゃん玉”とボクは呼ぶことに来ました。

ちゃんぽんにラーメンの替え玉をする・・・「ちゃん玉(チャンダマ)」。どうでしょう?(笑)
いやぁ・・・ラーメンが美味しいお店はチャンポンも美味しい。

ピョンチャン・オリンピックウィークはボクはチャンポン・ウィークにしましょうか。
チャンポン食べ歩き・・・やってみよっかなー!

「ちゃんぽん」(760円)。糸島野菜たっぷりだそうです。
一九ラーメン いち里
092-322-2853
糸島市高田5-24-20
11:00~23:00
日・祝 11:00~22:30
火曜日 11:00~15:00
定休 第3火曜日

[ 一九ラーメン いち里 ]ちゃんぽん,ラーメン2018/02/19 09:08