福泉餃子

セットメニュー「天津飯+台湾豚骨ラーメン」(780円)。迫力あるボリューム!

お気軽中華♪ ボリューミィでお安い!

最近、カラダが中華を欲する・・・ような・・・気が・・・。
疲れているせいでしょうか。この日は朝から荒れ模様のお天気。寒風吹きすさぶ中、のこのこ歩いてこのお店まで。
「福泉餃子」さん。
場所は九大学研都市駅から唐津街道202号線へ出て、前原方面へ少し行くと右手に。
以前は「龍ちゃんぽん」というお店だったトコですね。
黄色い可愛いお店です。すっかり中華っぽくなって良い感じ。
お昼ちょいと前。お店に入るとすでに数組の先客さん達。みんなオジサン・・・。(笑)
カウンター席にテーブル席と店内は前のままですが、もともと新しかったのでキレイ。

一番はじっこのカウンター席を陣取ると、片言ぐあいが可愛らしい女の子が日替わりメニューを紹介してくれます。
ランチメニューを拝見すると、Aランチ(630円)、Bランチ(730円)。
2種類のプライスにそれぞれ4種類あって、計8種類。
裏にはセットメニュー(780円)なるご飯モノと麺類のセットがそれぞれ5種類ずつから選べるという・・・こりゃランチだけでも何回通っても楽しめそう。
迷ったあげく・・・「セットメニュー」(780円)に。
組み合わせも迷いました。(笑)
結局「天津飯」+「台湾豚骨ラーメン」を選びました。
そんなに待たされることなく運ばれてきました。

ぬぉ~! 思っていたよりも凄いボリューム。
天津飯って小盛りに見えても結構重いのに、これは見るからにミニじゃない。

まずは「台湾豚骨ラーメン」から。
混ぜずに辛くなさそうなトコロからスープを一掬い。ズズズっと・・・うん!? 薄い??
これはまさに・・・台湾スープに豚骨エキスをさらっとブレンドした感じ?
やっぱり素直にノーマルな台湾ラーメンにしたほうが良かったか・・・。
麺はダルダル。まぁ、ヤワ麺でも全然許容範囲なボクには大丈夫なんですけど・・・これは評価分かれそうなラーメンですね。
ほぼ担々麺のイメージですが、食べ進めるにしたがって辛味もどんどん増していきます。
唐辛子が溶けきった終盤には結構な辛さに。
完全に冷え切っていたボクのカラダも一気に温まりました。

「天津飯」は至極ノーマルでシンプル。
辛いラーメンによく合う・・・甘~い餡かけ。
余計なモノが入っていないこんな感じの天津飯がボク的には好み。
しかし・・・ホントかなりのボリューム。でも美味しくいただけました。
ふぅ~お腹いっぱい。
ゴチソウサマでした。

お気軽に入れる中華屋さんとしてはなかなか魅力的なお店ではないでしょうか。いろいろ食べてみたいメニューもあるし。そうそう屋号に“餃子”とあるんでソレも食べてみないと。
お次も腹ペコ状態でまた来ましょう。


「福泉餃子」さんの外観。
中華料理 福泉餃子
092-805-8886
福岡市西区周船寺3-21-33
11:00~14:30 / 17:00~24:00
定休 無

[ 福泉餃子 ]ラーメン,中華料理2014/12/17 09:31